ロシア・ハバロフスクの太平洋国立大学に環境システム学科学生10名を派遣します

ロシア・ハバロフスクの太平洋国立大学に環境システム学科学生10名を派遣します

武蔵野大学は、平成28年10月11日~16日まで、工学部環境システム学科学生10名をロシア・ハバロフスクにある海外協定校の太平洋国立大学に派遣します。

この「持続可能な社会構築のための大学間交流派遣プログラム」は国際機関、日露青年交流センターとの共催事業としてNPO法人むさしの・多摩・ハバロフスク協会の協力のもと採択されたプログラムであり、武蔵野大学学生10名のほか、東京外国語大学ロシア語学科の学生4名も参加します。

太平洋国立大学では、研究情報交換会や学生プレゼンテーションを通じて、現地の学生と交流を行います。また、ロシア科学アカデミー水質・環境問題研究所やアムール川魚類博物館、苗木栽培企業を訪問します。

10月1日(土)13時には、日露青年交流センター長(代理) 大久保加菜氏、NPO法人むさしの・多摩・ハバロフスク協会理事長 安藤栄美氏出席のもと、引率の工学部 矢内教授と参加学生らによる結団式が本学有明キャンパスにて行われました。学生代表の生方ありかさん(工学部環境システム学科3年生)からは意気込みが述べられました。

161003

前列左から、日露国際交流センター大久保氏、NPO法人むさしの・多摩・ハバロフスク協会安藤氏、矢内秋生工学部教授
後列は、参加する武蔵野大学学生及び東京外国語大学ロシア語学科学生
前列左から、日露国際交流センター大久保氏、
NPO法人むさしの・多摩・ハバロフスク協会安藤氏、矢内秋生工学部教授
後列は、参加する武蔵野大学学生及び東京外国語大学ロシア語学科学生

国際交流カテゴリの最新記事