武蔵野大学 工学部 環境システム学科(東京都江東区有明)に関連したニュースを紹介します。私たちは環境科学の専門力とリーダーシップを身に付けたプロフェッショナルを目指します。

「持続可能な開発目標(SDGs)と法の役割」(滝口直樹客員准教授が登壇)

滝口直樹客員准教授が登壇されるイベントです。
第二東京弁護士会の研究会ですが、弁護士以外の人も参加できます。
「持続可能な開発目標(SDGs)と法の役割」
~環境問題における司法アクセス・情報アクセス・市民参加の新展開~
7月19日(木)午後6時~午後8時

2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)は、持続可能な社会への変革を推進するための指針として、政治やビジネスなど、社会に大きなインパクトを与えています。その中でも、法の支配の促進と平等な司法アクセスの保障(目標16)や、参画と協働による実施(目標17)は、司法アクセス・情報アクセス・市民参加という観点からも重要なものです。
そこで、環境法研究会は、SDGsの意義や最新情報に関して学ぶために、自治体や地域、企業、NPOのSDGs活動支援に取り組む滝口直樹氏(武蔵野大学環境学研究科客員准教授)と、行政法における参加権を専門とする大久保規子氏(大阪大学大学院法学研究科教授)を講師に招き、SDGsの概念や意義、環境問題における司法アクセス・情報アクセス・市民参加の国際的な新展開(ラテンアメリカ諸国の最新事例等)についてお話いただきます。

◆日時 2018年7月19日(木)午後6時~午後8時
◆場所 弁護士会館10階1003号室
◆テーマ
「持続可能な開発目標(SDGs)がめざすものと我々にとっての意義」
滝口直樹氏(武蔵野大学環境学研究科客員准教授)
「環境問題における参加権の新展開~ラテンアメリカ諸国の事例から」
大久保規子氏(大阪大学大学院法学研究科教授)
◆対象 当会会員以外の方もご参加いただけます。
◆主催 第二東京弁護士会環境法研究会
◆参加費  500円

(申込方法)
メールの件名に「環境法研究会 定例研修会 参加希望」と明記の上、以下のメールアドレス宛に直接お申し込みください。
申込先 環境法研究会事務局長 粟谷 しのぶ 宛
(e-mail:awaya.shinobu@kind.ocn.ne.jp)
(記入事項)お名前・登録番号(弁護士会会員のみ)・ご所属・ご連絡先メールアドレス

問い合わせ先 第二東京弁護士会 環境法研究会
担当:粟谷しのぶ
TEL:03―6303―0953(水野泰孝法律事務所)
E-mail: awaya.shinobu@kind.ocn.ne.jp

>

武蔵野大学 工学部 環境システム学科
武蔵野大学大学院 環境学研究科 環境マネジメント専攻 [修士課程]・ 環境システム専攻 [博士課程]

135-8181 東京都江東区有明3-3-3 武蔵野大学 有明キャンパス 4号館
⇒アクセス  お問い合わせ