武蔵野大学 工学部 環境システム学科(東京都江東区有明)に関連したニュースを紹介します。「誰一人取り残さない」世界の実現を目指したSDGs(持続可能な開発目標)と学科のミッションは軌を一にし、わたしたちの世界をサステナブルな社会にトランスフォームすることを使命(ミッション)としています。わたしたちは環境学、サステナブル学の専門能力を武器に、サステナブル社会の実現に向けて社会イノベーションをドライブする高度なプロフェッショナル人材を目指します。

EPLABゲストレクチャーシリーズ③ 6/8 橋本俊介さん(特定非営利活動法人 プレーパークむさしの)

EPLABゲストレクチャーシリーズ③

6/8「地域での子どもの遊び場づくり―プレーパークとは何か?」

このたび、武蔵野大学EPLABゲストレクチャーシリーズ③を開催することになりましたので、ご案内申し上げます。今回は、本学環境学科(現、環境システム学科)卒業生の 橋本俊介さん(特定非営利活動法人 プレーパークむさしの・理事)にお招きし、お話していただく予定です。ご興味のある方はぜひご参加いただければと思います。

プレーパークは、「冒険遊び場」とも呼ばれます。
通常の都市公園のようにブランコやシーソーなど既存の遊具はなく、子どもたちが自由な発想で遊び、作りあげていく遊び場です。  引用:武蔵野市役所HP

開催情報

日時:2021年6月8日(火)13:10~14:15(Zoom入室開始13:00~)

会場:有明キャンパス4号館503  ※Zoomオンラインによる同時発信

テーマ:「地域での子どもの遊び場づくり―プレーパークとは何か?

話題提供者:
橋本 俊介氏
特定非営利活動法人 プレーパークむさしの 理事

 

司会:
村松 陸雄
武蔵野大学 工学部 環境システム学科教授

お申込み:
メールで以下へお申し込みください。
nolb☆musashino-u.ac.jp (☆は@に置き換えてください)
※イベントまでにZoomのURLとパスコードをご連絡いたします

参加費:無料

主催:
武蔵野大学EPLAB

協力:
武蔵野大学 工学部 環境システム学科
未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)


※武蔵野大学EPLAB(Environmental Psychology Laboratory)とは、「環境心理学」×「サステナブル」(環境心理学で持続可能な社会をつくる」を旗頭に、様々な企みを実践する武蔵野大学 工学部環境システム学科の環境プロジェクトのLABの一つです。

武蔵野大学EPLAB サイト
https://eplab.mu-projects.com/

>

武蔵野大学 工学部 環境システム学科
武蔵野大学大学院 環境学研究科 環境マネジメント専攻 [修士課程]・ 環境システム専攻 [博士課程]

135-8181 東京都江東区有明3-3-3 武蔵野大学 有明キャンパス 4号館
⇒アクセス  お問い合わせ