武蔵野大学 工学部 環境システム学科(東京都江東区有明)に関連したニュースを紹介します。私たちは環境科学の専門力とリーダーシップを身に付けたプロフェッショナルを目指します。

社会情報学会・シンポジウム「SDGsにおける社会情報の位置付けと意義とは?-考えるためのヒント」

(一社)社会情報学会・社員総会シンポジウムに、村松陸雄環境システム学科教授が共同代表をつとめる「未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(略称:みがくSD研)」のメンバーを中心に、本学客員教員、環境研究所客員研究員の先生方が登壇します。

学会会員でない一般市民にも広く公開されていますので、興味がある人はお誘い合わせのうえお越しください。

プログラム:
日時:2019年6月1日(土)16:10-18:10
場所:東京大学(本郷キャンパス)工学部 2号館 93B

テーマ:「SDGsにおける社会情報の位置付けと意義とは?-考えるためのヒント」

16:10-16:15 本田正美(東京工業大学)
「開催の趣旨」
16:15-16:25 村山史世(麻布大学講師/武蔵野大学客員准教授)
「みがくSD研とSDGsレンズ」
16:25-16:35 村松陸雄(武蔵野大学教授)
「社会情報学とSDGs」
16:35-16:50 石井雅章(神田外語大学准教授/武蔵野大学環境研究所客員研究員)
「SDGsレポートと社会情報」
16:50-17:05 長岡素彦 (一般社団法人 地域連携プラットフォーム/武蔵野大学環境研究所客員研究員)
「SDGs・ESDとMILメディア情報リテラシー-共生のテジタルシチズンシップ」
17:05-17:25 滝口直樹 (武蔵野大学客員准教授)・
高橋朝美(地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)/関東EPO/武蔵野大学環境研究所客員研究員)
「環境パートナーシップ 市民・企業・自治体・政府をつなげる」
17:25-17:45 畑正夫 (兵庫県立大学教授/武蔵野大学環境研究所客員研究員)
「SDGsリテラシーを育む学びのシステム」
17:45-18:10 総合討論

※シンポジウムの前の15:00-16:00に、藤原帰一 (東京大学教授)による講演「グローバルアジェンダの構成と選択-SDGsの何が語られるのか」も聴講できます。

一般市民は14:45から会場に入れるそうです。詳細は下の社会情報学会事務局にお問い合わせください。

問合せ:(一社) 社会情報学会
Tel: 03-3812-5223 Fax: 03-3816-1561
e-mail:office (at) ssi.or.jp

関連サイト:

(一社) 社会情報学会  http://www.ssi.or.jp/

「未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(略称:みがくSD研)」https://sdgspbl.jimdo.com/

 

 

>

武蔵野大学 工学部 環境システム学科
武蔵野大学大学院 環境学研究科 環境マネジメント専攻 [修士課程]・ 環境システム専攻 [博士課程]

135-8181 東京都江東区有明3-3-3 武蔵野大学 有明キャンパス 4号館
⇒アクセス  お問い合わせ