武蔵野大学 工学部 環境システム学科(東京都江東区有明)に関連したニュースを紹介します。私たちは環境科学の専門力とリーダーシップを身に付けたプロフェッショナルを目指します。

エコプロ2019同時開催セミナー「環境・数理・建築の分野横断で実践するSDGs」

日本最大級の環境展示会「エコプロ2019 [第21回]」にて武蔵野大学主催の環境セミナー(無料)を実施します。

テーマ:環境・数理・建築の分野横断で実践するSDGs―しあわせな世界都市をめざして―
日時:2019年12月5日 10:30~12:00
会場:会場:東京ビッグサイト 会議棟6階 605会議室
定員:100 名
参加費:無料

内容:
2015年9月、国連で採択された持続可能な開発目標SDGsの宣言文には、「well-being」と「enjoy」 という言葉がある。一方、国の幸福度に注目が集まる中、SDGsを構成する17の目標を「happiness」との関係で整理する考え方が提案されている。

こうした、私たちの生きる喜びや希望とつながる言葉は、SDGsに向けた実践の中で、いかにして具体化できるのか? 東京は、SDGsに挑戦する生きがいのある世界都市モデルとなれるのか? 本セミナーでは、2020年スポーツの祭典の開催地・東京ベイゾーン有明にある武蔵野大学工学部が、「happiness」を問いながら、SDGsにもとづく都市の未来を、環境・数理・建築の3分野横断クロストークによって探索する。

持続可能な開発のための2030年アジェンダに取り組む企業各社および各団体・機関の方々の一助になれば幸いである。

◇キーノート「しあわせな世界都市をめざして」
セミナー全体テーマおよび各セッションテーマの解説
武蔵野大学工学部建築デザイン学科教授・工学部長 風袋宏幸

◇session1「エネルギー」と「渋滞」をテーマに都市の持続可能性を考える。
関連SDGs Goal 7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
武蔵野大学工学部環境システム学科准教授 明石 修
×武蔵野大学工学部数理工学科教授 高石武史

◇session2 「モニタリング」と「修復・改修」をテーマに都市の持続可能性を考える。
関連SDGs Goal 9. 産業と技術改革の基盤をつくろう

武蔵野大学工学部数理工学科教授 高石武史
×武蔵野大学工学部建築デザイン学科教授 水谷俊博建築設計事務所代表 水谷俊博

◇session3 「パブリックスペース」と「廃棄」をテーマに都市の持続可能性を考える。
関連SDGs Goal 11. 住み続けられるまちづくりを/ SDGs Goal 12. つくる責任、使う責任

武蔵野大学工学部建築デザイン学科教授 水谷俊博建築設計事務所代表 水谷俊博
×武蔵野大学工学部環境システム学科准教授 明石 修
講演者プロフィール:
〇風袋 宏幸(ふうたい ひろゆき):
武蔵野大学工学部建築デザイン学科教授・工学部長

〇水谷 俊博(みずたに としひろ) :
武蔵野大学工学部建築デザイン学科教授 水谷俊博建築設計事務所代表。

〇明石 修(あかし おさむ):
武蔵野大学工学部環境システム学科准教授

〇高石 武史(たかいし たけし) :
武蔵野大学工学部数理工学科教授

参加申込先;
武蔵野大学 生涯学習事業課
http://lifelongstudy.musashino-u.ac.jp/site/course/detail/3790/

 

関連リンク

エコプロ2019
https://eco-pro.com/2019/

>

武蔵野大学 工学部 環境システム学科
武蔵野大学大学院 環境学研究科 環境マネジメント専攻 [修士課程]・ 環境システム専攻 [博士課程]

135-8181 東京都江東区有明3-3-3 武蔵野大学 有明キャンパス 4号館
⇒アクセス  お問い合わせ