武蔵野大学 工学部 環境システム学科(東京都江東区有明)に関連したニュースを紹介します。私たちは環境科学の専門力とリーダーシップを身に付けたプロフェッショナルを目指します。

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」より感謝状を授与

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、使用済みの携帯電話をはじめとする小型家電から東京2020大会のメダルを製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を2017年4月から2019年3月末まで実施しました。

この間、約5,000個のメダル製造に必要な金属量が集まり、そのすべての金属の精製が終了しています。大会組織委員会によると、最終的に確保した金属量は、金約32キログラム、銀約3,500キログラム、銅約2,200キログラムになったとのことです。

回収活動には教育機関、企業、中央省庁などが協力し、本学も環境システム学科の高橋和枝教授が先頭に立ち推進しました。その協力に対して、プロジェクトより感謝状を頂きました。

 

「武蔵野大学鉱山プロジェクト」結果報告

 

武蔵野大学鉱山プロジェクトが始動

「武蔵野大学鉱山プロジェクト」ホームページ開設

「環境配慮行動がもたらす人々のしあわせに関する研究」報告(武蔵野大学しあわせ研究所通信)

>

武蔵野大学 工学部 環境システム学科
武蔵野大学大学院 環境学研究科 環境マネジメント専攻 [修士課程]・ 環境システム専攻 [博士課程]

135-8181 東京都江東区有明3-3-3 武蔵野大学 有明キャンパス 4号館
⇒アクセス  お問い合わせ